浪費チェック:電気代がどう考えても上がっているので、去年と比べてみた|2022年

こんにちは、株もっちーです。

月曜日は、最近の浪費チェックの日にしてみます。

無駄遣いをチェックすることで、支出の最適化を図ります。

浪費しているつもりないのに、電気代がどう考えても高い

去年と今年の電気料金の比較

左が単月、右が年初からの累計。

毎月前年より明らかに高いです。

累計で見ると、昨年の年間の料金を既に超えております。

そりゃどうりで高いと感じるわけです。

昨今のエネルギー価格の事情なのか?5人家族のなせるわざなのか

去年と今年の電気使用量の比較

左が単月、右が年初からの累計。

まあ、増えているけれども、金額のグラフほどの開きはないですね。

やっぱり、電気の単価か。

1kWhあたりの単価比較

月のデコボコがあるとわかりにくいので、年初来の累計料金を、年初来の累計使用量で割っています。

こんな感じ。

年初から5円/kWhくらい高くなってますね。最近では、7円近く変わっている感じ。

ついでに増加率に換算したグラフも

グラフ作るのが楽しくなってきたので、参考までに。

電気代単価でみると20%-30%の増加、そこに10%程度の使用量の増加も加わって、料金で見ると40%近く増えてます。

給付金よりも、みんな必要なエネルギーで支援なんてどうでしょう?

欧州では5倍とか、異常な高騰になっているようで、こんな支援があるみたいですね。

電気に加えてガスもありますから、今年は去年に比べて5万円から10万円くらいは出費が増えそうです。

世帯構成なども把握しているんだから、かなり精度良く負担増額を計算できそうなものです。

こういうのを支援してほしいですな。

欧州エネルギー危機、電力会社を圧迫 英は大規模支援策を検討

www.reuters.com

まとめ

まさに家計に見るインフレの影響でした。

電気、節約したい。

けど、限度がありますよね。困ったものです。