ジュニアNISAで投資する銘柄を選定

こんにちは、株もっちーです。

2023年で終わりですが、遅ればせながらジュニアNISA始めようと思い、銘柄選定を実施しました。

ジュニアNISA

www.fsa.go.jp

金融庁のサイトは、文字ばっかりで読む気にならないけれども、ブタのアイコンは可愛い。

f:id:kabu_motty:20210414130146p:plain

結局18歳まで引き出せないのか、2023年の制度終わりとともにその制限がなくなるのか、なんかよくわからなかった。

資金が拘束されると万が一の時に使えないですね。 iDeCoとか確定拠出年金もそうですけど、これが自分としては引っかかるんですよね。

ライフプランを立てて、資金拘束されている間に自由に使える資金を確保した上で投入しないと、60歳までの間経済的に不自由になる可能性があるので注意すべきポイントと考えています。

ジュニアNISAの話に戻すと、 子供用の銀行口座に貯めた現金の一部を投資に回すようにしようと思います。

現金と運用の差を実感しやすくするためには、現金と投資元本を50%:50%にするのがわかりやすい。

そうしよう。

選定の考え方

  • 自分のポートフォリをが銘柄多すぎてごちゃごちゃしている反省から、シンプルなインデックス連動銘柄を選ぶ。
  • 投資先は世界。日本も含んでOK。
  • 外貨への変換は手間なので、円で取引できるもの(二重課税調整制度も楽そう) → 投資信託/国内個別株/国内ETF
  • 個別株の暴落・倒産リスクは避けたい → 投資信託/国内ETF
  • 投資信託は過去に毎月分配型のタコ足配分で痛い目を見ているので不信感あり → ETF優先

ということで、まずは東証で買えるETFをチェックしてみました。

ETFの一覧は日本取引所のサイトで確認できます

外国株をチョイス。

www.jpx.co.jp

50銘柄。

結構たくさんありますね。

おおまかにフィルタしていきます。

  • 信託報酬0.5%以上の銘柄は対象外
  • 個別国・地域やテーマ銘柄も対象外
  • 米国株指数は個別国というより世界の大企業が多いので残す(S&P500,ダウ,Nasdaq100)
  • 円ヘッジ有りは余計なコストがかかるので対象外
  • 長期投資向けではないのは対象外
  • 分配が年1回のは対象外

12銘柄まで絞れました。

f:id:kabu_motty:20210414103957p:plain

大まかに指標で分けるとこの3つ。

  • S&P500
  • NASDAQ100
  • MSCIがいろいろ(米国・ワールド・コクサイ・ACWI)

マーケットメイカーについては以下参照。注は、先の日本取引所のページ参照。

www.jpx.co.jp

MSCIの種類はこちら→MSCI 指数ハンドブック

f:id:kabu_motty:20210414132819p:plain

大雑把には、ACWIが先進国と新興国、ワールドは先進国、コクサイはワールドから日本を除く。

色々調べると勉強になります。

ちょっと考えて、こうしました。

  • MSCI ACWI:世界全体への投資として採用
  • S&P500:米国への投資として採用
  • NASDAQ100:グロース銘柄のセットとして採用。自分が持っているQQQが気に入っているので。

迷ったので上記指標を一つずつ結局全部買う。具体的なETFではこれ。

  • 2558 S&P500: MAXIS米国株式(S&P500)上場投信
  • 2559 MSCI ACWI: MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信
  • 2568 NASDAQ100: 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし

あとは定期的にバランスを見つつ買い増ししていく感じとします。

銘柄選びの参考になればと思います。

書きなぐったので、もう少し見やすく書き直すかも。

2021年4月末時点の保有銘柄ランキング

こんにちは、株もっちーです。

世界の時価総額ランキングを眺めていて、自分の保有銘柄もランキング管理すると全部見なくて楽ちんなのではと思い立ちました。

というわけで、記録しておこうと思います。

毎月書くのは大変な気がするので、長期連休毎(GW4月末-5月、夏休み8月、冬休み12月末)にしようかと目論んでおります。

ランキング

3つのランキングを同じ表にしてみました。わかりにくいか。

順位 評価額 損益額 損益率  
1 VOO 330万円 VOO 79万円 ROKU 108%
2 PFF 194万円 VGT 50万円 MSFT 61%
3 XLRE 148万円 MSFT 21万円 VGT 52%
4 VGT 146万円 ABBV 17万円 SQ 48%
5 VEA 129万円 XLRE 14万円 2413.T(エムスリー) 39%
6 HDV 120万円 VWO 14万円 VOO 31%
7 VWO 120万円 VEA 14万円 1660.T 30%
8 QQQ 110万円 QQQ 14万円 VRNS 29%
9 ABBV 109万円 PFF 11万円 BILI 28%
10 VIG 102万円 1660.T 10万円 MDT 27%

1660.T は「MAXIS高利回りJリート上場投信」です。

雑感

パレートの法則というのがありまして、 大雑把には全体の2割位で全体を把握できるという考え方ですね。

ja.wikipedia.org

今回のやり方もそれに基づいております。

自分の保有銘柄の推移を見ていくと、リバランスの拠り所になると思います。

個別銘柄持ち過ぎだから売ろうとか、安定好調なはずなのに時価総額少ないときはもう少し買い増そうとか、かな。

ETFはまあ想定に近い形で持ってるな、という印象。

なんか目立つのは損益率でランキングされてる、日本株のエムスリー。ヘルスケア銘柄をもう少し買い増そうかな。

ABBV, MDT, エムスリーあたりがヘルスケア銘柄です。

うーん。こうなるとセクターごとの比率も見たくなってしまいますね。

お恥ずかしいリストになるとは思うのですが、損切銘柄の選定には、トップだけでなくボトム側のランキングも欲しいなぁ。。

ちょっと考えます。

2021年4月末時点の資産ポートフォリオ

こんにちは、株もっちーです。

月例の記録です。

資産額

今月

通貨 評価額 増減額(前月比) 増減率(前月比) ドル換算 為替
JPY 571万円 +32万円 +5.9% - -
USD 2341万円 +72万円 +3.1% $214,290 109.27JPY/USD

先月

通貨 評価額 増減額(前月比) 増減率(前月比) ドル換算 為替
JPY 539万円 +2万円 +0.3% - -
USD 2269万円 +172万円 +8.2% $204,764 110.81JPY/USD

資産配分

ポートフォリオのグラフ

f:id:kabu_motty:20210501065613p:plain

株:その他(REIT,債権,コモディティ)=7:3になるくらいを目安にしています。

各銘柄も書きたいところですが、分散分散といっぱい持ちすぎてめんどくさいので、減らしていきながら少しずつ紹介していこうかと思います。

USD建て資産のアセットアロケーションの円グラフがInvesting.comで作ったポートフォリオ(無料で使えます)で見れたので、試しに載せておきます。

f:id:kabu_motty:20210427225110p:plain

VOOが一番多いです。ETFが多いです。

ティッカーシンボルが出てないのは、打診買い的に持っている銘柄で、この中にお宝の個別株が躍り出てくるのを待っている状態です。

しかし見た目がいまいちなグラフですね20銘柄くらいにさっぱりしたい。

仮想通貨もちょっと金額が増えてきたのでポートフォリオに入れて考えたほうがいいか。どうしようか迷い中。

雑感

米国株式の比率が51%と先月から1%増えました。まだ好調。

新興国株は保有していたVWOとDGSのうち冴えないDGSを全売却して、一部待機資金にしてVWOに統合しました。 DGS(ウィズダムツリー新興国小型株配当)は配当目的で買いましたが、成長がいまいちなのでVWOだけでいいかなという判断です。 これで1銘柄減りました。

米国のREITも7%から1%増えました。不動産もウッドショックの影響か、価格が高騰しているようです。

さて、今後はどうなることやら。

読者が10名を超えました!感謝

こんにちは、株もっちーです。

こんなブログを見て頂き読者登録までしていただきまして、ありがとうございます。

読者が10名に達しました!

読者の皆様に告白をしておきますと、

「株もっちー」なんて、クソダサい名前にしたことを、少し後悔しています。

アカウント名、何にしようかなーと考えること1分、 経済的自由に向けては株式投資が主軸になるだろうと、 はてなブログのアカウントを作成している間に考えた末のことです。

主軸が変わったら、まだ変わることはありうると思います。

改名するとしても、今の所これか、昨日見た動画にインスパイアされた和製レイ・ダリオくらいしか思いつきませんので、 ダサいけどこのままで行きます。

kabu-motty.hatenablog.com

2021GWの決意表明

「名は体を表す」と言われますので、 お金を生み出す株を持つことを意識して私の経済的自由の探求の過程をお伝えする、 ちょっとは読む価値のあるブログにすべく、進歩してまいる所存です。

読者の皆様、これから読者登録いただける皆様、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コロナ禍でステイホーム中の、株もっちー、でした。

"30分で判る 経済の仕組み レイ・ダリオ"を見て、わかった気になる

YouTubeをさまよっていたら、わかりやすい動画を見たので記録。

youtu.be

動画の内容とは離れますが、連想したことをメモ。

政府の借金を返すために、税率を上げて国民の手取りを減らすってストーリー(説明)は間違っている、と直感的には思いました。

政府の借金(クレジット)は、国民の資産ですから、 国民が資産を使って価値を生み出さないといけないですね。

その結果として、 生み出された価値が大きくなることによる経済の成長に伴って、 税収が増えて借金が帳消しになるという好循環を目指すのであれば、 この動画の解説の通りでスッキリと理解できます。

社会保障(年金とか)のための増税は、経済成長にプラスなんでしょうか。 そんなことされたら現役世代の手取りは減っていきますから消費を抑制する(誰かの資産を減らす行動)しか無いように思えるんですけどね。

ゼロ金利のカードを切ってしまっている中央銀行や政治がすべきことは、お金を国民に供給しつつ、それ以上の税収を得られるように現在の労働者が安心して働けるような環境を作ったり、未来の働き手が生産力を高める教育をすることであると言えます。

既に生産力を失った高齢者を保護することは、その次の優先順位になるはずです。

Ray Dalioさん

名前はよく聞く有名な方なので勝手に大学の先生かと予想しましたが、ヘッジファンド界の帝王と呼ばれているヘッジファンドマネージャだったんですね。自分の不勉強さを改めて感じました。

f:id:kabu_motty:20210430223432p:plain

ja.wikipedia.org

気になる書籍

これはなかなか面白そうなので、読みたい本リストに加えようと思います。

レイ・ダリオ、PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

生命保険を解約した話。真の保険の見直しとは?

こんにちは、株もっちーです。

今日は、経済的自由を探求するにあたって大事な、収入を増やすこと対する行動としての、支出を減らす点で1つ書いていこうと思います。

f:id:kabu_motty:20210430070548p:plain

ターゲットは保険

みなさんは、保険入ってますか?

保険の見直ししましたかね?

見直して、保険料増えましたかね?

増えちゃった人は、残念ながら保険会社の営業にカモられている可能性が高いと思います。

まあ、自分もそうでしたからね。

最終的には各人の事情というか、ライフプランに拠るところが大きいので、ちゃんとやろうとすると結構時間がかかると思います。

きっと、ほとんどの人は、多く保険を払いすぎているのだろうなと思います。

保険と言っても色々あるのですが、まずは一番額の大きい生命保険(死亡保障・医療保険)についてです。

保険会社に促されて保険を見直しした私の過去。黒歴史

  • 就職。入社後の手続きの中で、安くてお得だという会社の団体生命保険のようなものに加入。月1500円くらい。
  • 毎年の更新で、少しずつ掛け金が上がっていく。結婚するまでの5年くらいで月3000円くらいに。
  • 結婚後、保険パンフレットに出てくるライフステージごとの掛け金、みたいなのを参考に妻の分を増額。月5000円くらいに。
  • 子どもが生まれ、保険パンフレットに出てくるライフステージごとの掛け金、みたいなのを参考に子供の分と自分の保険料を増額。月15000円くらいに。
  • 保険への掛け金が多いと漠然として思うが、保険を減らすことの漠然とした不安により、そのまま掛け捨てを続ける。月15000円くらい。
  • 入院や通院など、入社して10年以上、保険を一度も使ったことなし。
  • 妻が虫垂炎で数日入院し、退院時に窓口で15万円くらい払ったが、健康保険制度の補助などがあり、実質の自己負担は総額2万円くらいだった。
  • もちろん保険に入っておりましたので、保険金ももらいましたよ。20万円くらいでしたかね。
  • ここで儲かった〜と思った方は、騙されてるかもしれません。

私のマネーリテラシーの低さを表す事例として紹介しましたが、どうですか?

似たような経緯の方も多いのではないかと思います。

真の見直し後の私の現在。最適化。

  • 2万円の負担のために、いくらのお金を捨てていたのでしょうか?
  • 毎月15000円を5年近く支払っていたと考えると、1.5万 x 12ヶ月 x 5年 = 90万円です。20万円もらったとしても、払った90万円の2割くらいしか返ってきていないということです。残りのお金はどこに行ったのでしょうかね?他の大病した人が受け取っているのでしょうか?保険とは助け合いですから、そうなっていればまだ報われる気もしますが、多分違います、保険会社の利益となっているのです。
  • 健康保険制度が充実しているから、病気の時に必要なお金は、貯金が少しあれば全く問題ないのでは?という疑問を持つ。
  • 保険の必要な額をどうやって計算すればよいかを調べ始め、ライフプランを立てればわかることに気づく。
  • 保険を見積もった時にFPが作っていたライフプラン表があったので改めて見てみると、めちゃめちゃ金のかかる人生であることに気づく。
  • ライフプランを立て、保険の必要額を計算する。(毎月の生活費、教育資金、レジャー資金、車の購入計画、住宅ローン残債、年金受給額など、色々具体的に数字が必要になりますので、20代の人が作るのはなかなか難しいかもしれません。私は30代後半になってようやくまともなものが作れるようになってきました。できれば住宅ローンを組む前にやりたかったです)
  • 家計簿だけは入社当時からつけていたので、過去の実績をもとにライフプランを立てました。
  • すると、特に生命保険・医療保険に入る必要がないことに気づく。
  • 保険を減らすことの漠然とした不安はあったものの、まずは子供の死亡保障は意味ないことに気づき解除。月10000円くらいに。
    生命保険の目的は収入を得ている人がなくなった時に、残された家族の生活費を賄うことにあります。
    したがって、収入がない人に対して、保険をかけるのはナンセンスです。子どもが入院すると親の付添が必要だとか、色々理由をつけて売り込まれると思いますが、その当たりの費用は貯金しておきましょう。よく知られた病気なら30万円もあれば余裕でしょう。
  • その翌年、妻の補償を解除し、自分の保障も保険会社のプランの最低ランクのものに変更。保険を使用することなし。月3000円。
  • その翌年、だいぶ安くなったので安心していたら、年度更新で増える。月3300円くらい。
  • 必要保険金額の算出原理的には、保険で賄うべき期間は経年とともに減るので、保険金額は減ってしかるべきなのですが、病気になるリスクが上がるとかいう論理に基づいて、掛け金が増えていくような構造になっているのだろうと想像します。
  • その翌年、生命保険を解約。0円。
  • 妻自体も、親がかけていた生命保険に入っていることが発覚。それを解約しても問題ないことを説明したが、理解を得られず。+月6000円。
    私の説明の仕方が悪いんでしょうが、まあ妻の収入から支払っているのもあり、険悪なムードになるので、放置しています。
  • 浮いた15000円分は、毎月私の銀行口座に貯まっていきます。

どうですか?皆様の中にも似たようなパターンの方はいませんかね。

毎月保険に支払っている金額に対する補償額が、本当に必要な金額になっているのか、自分の頭で考えることをおすすめします。

おそらく、なぜその保険に入っているのか、保険金額が妥当なのかを自分で説明できない方は、払いすぎていることになるのだろうと思います。

資産形成の負荷を下げる基礎は、お金以前に「健康」

と考えていますので、私の場合は、お金(保険)で将来の心配を減らすより、以下を良しとしています。

  • 一番安いものではなく、ちょっと健康に気を使った食材を買う。
  • ヘルシーな食事を提供する店で外食する。
  • 寝具(ふとん・まくら)は品質の良いものを買う。
  • 歩きやすい靴を買う。
  • 歯科で定期的に検診に行く。(歯が痛くなるまで放置しない)

まあ、私の場合は自分のルールに基づいて、投資用の資金に回しています。

とても簡単なルールです

給与振込後、給与受け取り口座の残高が100万円を超えていたら、100万円を超えている部分を証券口座に移す。

これだけ。

100万円が生活防衛資金。それ以上は余裕資金であるという考え方になりますね。

この辺の考え方については、また別でまとめたいと思います。

皆様の「真の保険見直しの一助」となれば幸いです。

顧客目線で読むべき本もあります

今の保険代よりは買う価値があるかも。

こちらは保険に限らず。とてもいい本です。

高配当の日本代表銘柄から、最後の株主優待を頂く。

こんにちは、株もっちーです。

私の保有株だった銘柄を紹介します。

日本たばこ産業[2914.T] です。

f:id:kabu_motty:20210404172402p:plain

高配当株はこのサイトで見ていました。

haitoukabu.com

大体上位1位にいて、高配当といえば真っ先に出てくる銘柄です。

これから買おうと思っている方の参考になればと思います。

私に言えるような千里眼はないですが、あんまり、おすすめじゃないですね。

JT株を買った経緯

私は、タバコを全く吸いません。テーブルマークの冷凍食品は買います。

会社の人達が値上げにともなっても「俺は、タバコ辞めない」と言っているのを聞いて、まだ大丈夫かなと思って買いました。

タバコ銘柄は、JTとBTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)を持っていました。

ちなみに冷食で、好きな銘柄はこれです。

ごっつ旨いお好み焼き。

最近はあまり買ってないですが、一人暮らしのときから子どもができるまでにかけては、よく買って常備していました。

昼ごはん作るのも店に食べに行くのもめんどくさい時、レンジで温めるだけで、かなり美味しいです。

300円くらいで済むので、一人だと安上がりです。

家族5人これにしちゃうと、1500円となりますので、作ったほうが安くて健康的です。

冷凍食品自体はコロナで需要が増えたようですが、外食の落ち込みで食品事業はあんまり伸びてないです。

f:id:kabu_motty:20210404172850p:plain (JTの決算説明資料より)

あとは優待

優待はこんなんですね。

f:id:kabu_motty:20210415113420p:plain

具体的には、パックのお米とかカップ麺が選べます。

1000株を超えると、ジャムとかカレーが入ってきて格差を感じますね。

去年までは200株持っていて半分損切りしたので、今回は100株分の優待。

権利確定後に、全部損切りしましたので、次からはこの優待はもらえません。

カップ麺は食べないので、パックのお米をもらっていました。

そんなに美味しくもないです。

子どもたちからは臭いと不評。

まあそんなにひどい匂いではなくて、パックのビニールの匂いとか程度で、5分もすれば気にならなくはなるのですが、しょうがないですよね。すみません。

一回、お粥の時があり、あれはちょっとひどかったですね。塩とか結構入れないと食べ切るのが辛かったです。

非常食に使えるかなという想いもあり、ありがたく頂いておりました。

普段の食事にも使えるレベルの、災害時の非常食を株主優待で提供するってのは、いいアイデアかも。

株価は下がっても、災害時にとても感謝される存在になると思います。

自分は被災した経験はないので、ただの思いつき発言です。

JT株を売った経緯

f:id:kabu_motty:20210404173329p:plain

これは、減配したことが理由です。

もともと配当金目当てでの購入でしたから。

株価もここ5年下がり続けて、ついに減配ときたら、私の握力では持っていられませんでした。

電子タバコで盛り返す可能性もあるんでしょうが、私自身が全く興味を持てないので、手放すことにしました。

www.cnn.co.jp

ニコチン依存に頼るビジネスも難しくなってきそうな流れになってきたので、BTIも合わせてサヨナラしました。

f:id:kabu_motty:20210421212734p:plain

高配当・優待目当ての株式購入について

やっぱり株価が長期で下がってくるのは耐えられないですね。

JTも上で示した5年チャートではだだ下がりですが、20年とかの期間で見ると上昇してはいますので、昔からずーっと持っている人達から見るとまだまだ行ける銘柄なのかもしれません。

私としては、単純に配当利回りだけを見ずに、成長とのバランスが良い連続増配株の購入に切り替えています。