最大の含み損銘柄。2022年5月。

こんにちは、株もっちーです。

私の保有株の中で、今月の最大含み損銘柄を紹介したいと思います。

含み損額ランク ワースト3

先月 損額ランク

今月 損額ランク

損額ワースト1位は、QQQ

  • 保有株数:95株
  • 平均買付価格:355.66USD
  • 現時点の価格:288.68USD (5/21)
  • 平均買付価格からの損益:-813,580JPY, -18.83%

QQQの含み損が拡大中。2株買増しました。

21年末には40万円近くプラスだったのに、81万円のマイナスですか。。

見たくないけど見てしまう。こんな感じの含み損益推移です。

+40 → -10 → -10 → -5 → -21 → -81

続いて、TECL、CCL、PFFD、TSLA、SPXL、PG。個別株3位まで。

VWO、HDは定石にしたがってポジションを減らせましたので、ランク外に。

TECLはポートフォリオの1%をリバランスしながら持つと良いことあるんじゃないかと思って、お試し中です。 今0.85%になっているので、0.15%分買い増しして良い状態です。

SPXLも同じようなことをやってみました。

んー。レバレッジかけないようにと思っていたのに、

ポジション取りすぎないようにだけは気をつけようと言って、買ってしまう。

なんだか破滅の道を歩みだしてしまった感がありますね。

欲深い自分が、情けなく思います。

kabu-motty.hatenablog.com

含み損率ランク ワースト3

先月 損率ランク

今月 損率ランク

損率ワースト1位は、スロ・キャピタル(SSSS)

  • 保有株数:1株
  • 平均買付価格:13.03USD
  • 現時点の価格:7.17USD (4/21)
  • 平均買付価格からの損益:-749JPY, -44.97%

SSSS、もうすぐ半値です。ひどいね、なんてことだ。

でも、SSSSは放置状態にしているのでもう少し、個別株3位まで見てみました。

TECL、CCL、SPXL、T、TSLA。

CCLはまだ我慢。

Tはまだリストに健在、損益率-26%から-23%に小回復。

ポートフォリオが汚いですが、なんか売れない。整理すべきなのか、狼狽売りと言われるのか、わからないです。

行動が遅いんでしょうね。-8%切ったらすぐ売れや、というのがいいのでしょうけど。今更ね。

どうしたものか。

ポートフォリオ整理

ポートフォリオ整理の方針

毎回同じ銘柄を紹介していてもしょうがないので、 ポートフォリオをより良いものに再構成していこうと思います。

基本動作は以下としています。

  • 評価損率が最大の銘柄をバッサリ整理する。
  • 評価損額が最大の銘柄を一部(半分ぐらいか、損額ランクが下る程度まで)整理する。
  • 決算ミスした銘柄を整理(売却)し、キャッシュに戻す。
  • ETF(VOO,QQQ,VYMあたり)はコアの積み立て対象なので、売らない。
  • モメンタムが良くなってきた新規銘柄を買う。チャートはCup With Handleが良い。
  • 決算パスした保有銘柄を買い増す。

こちらのお言葉を心に留めて、ゴミ掃除をしていきます。

ポートフォリオ整理の実践

今月の動きメモ。

方針を守れず、個別株の整理ができませんでした。

  • VWOを一部整理し、積立を停止。238→100株へ。そのキャッシュで、王道のインデックスを買い増ししていきます。
  • QQQを買い増し、2株。
  • CCLを買い増し、30株。

VWOのポジションを減らしたのは、SP500、NASDAQの復活のほうが、可能性が高いと思ったためです。

後悔する時が来るかもしれませんけどね。

学び続ける姿勢は大事ですね

レイ・ダリオの著書にこんな記述がありました。

ミスをするのはかまわないが、そこから学ばないのは許されないというカルチャーを作ろう
(レイ・ダリオ、PRINCIPLES 人生と仕事の原則、日本経済新聞出版社)

引き続き、学びを続けていきながら、経済的自由に向けた資産形成をしていきたいと思います。

S&P500 (SPX) Watch:Week 2022/05/15

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

3,901.36, -3.05%でした。

ちなみにアメリカ10年債利回り

2.788, -4.76%でした。

ヒートマップ

1week

セクター動向

買ってみたい&保有しているセクターなどの最近1年間の週足を眺めてみます。

グラフはInvesting.comで簡単に作れます。

感じたこと・思ったこと

7週連続の下げ、もうそろそろ上がるかな。

記録をつけてから、初めて見る週次連続下げの現象です。こういう気づきを得るのが大事なのかもしれない。

「FACT FULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」、ハンス・ロスリング

この言葉、大事ですね。

「悪い」と「良くなっている」が両立することを忘れないようにしよう。

資本主義の全体的・長期的な成長の中で、一時的に調整が働く事がある。そういう歴史が繰り返されてきていますよね。

ヒートマップから

ヘルスケアとエネルギーあたりが頑張っている感じでしょうか。

上の方(Technology, Communication, Consumer Cyclical, Consumer Defensive)は赤がきついですね。

テクノロジーの小さな明るい緑はSYPS(Synopsys)という会社。

以下、Investing.comのFTNTプロフィールより。

シノプシス(Synopsys Inc)は、ソフトウェア製品およびサービスを提供する。【事業内容】エンジニアがチップとも呼ばれる集積回路(IC)の設計とテストに使用する電子設計自動化(EDA)ソフトウェアを提供する。また、半導体知的財産(IP)製品も提供する。エンジニアが回路自体を設計するのではなく、チップ設計のコンポーネントとして使用する事前設計された回路である。チップとその上で実行されるソフトウェアを組み込んだ電子システムの開発に使用されるソフトウェアとハードウェアを提供する。顧客が高度なチップや電子システムを開発するのを支援するための技術サービスとサポートを提供する。また、ソフトウェアツールとサービス、電子機器、金融サービス、自動車、医療、エネルギー、産業のプロバイダーでもある。

セクター動向を見て

全体的にはは下がりがきつくなってきたように見えます。どこまで下がるか。

債券系(BND,LQD)、金GOLD、あたりが下げ止まっている感じ。VWOもようやく上向いてきました。

引用元

jp.investing.com

finviz.com

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人がTOBを受けていました、これはまた郵便局行きか?

保有株に関する記事です。

9283.T 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人投資証券がTOBを受けました

という表現でいいのかな。

TOBが成立すると上場廃止になるようです。

7月期の分配金も支払われないことになっています。

1株しか持っておらず、ポートフォリオの1%以下なので、ブログでは非公開の銘柄でした。別に毎月確認するのがめんどくさいだけで隠しているわけじゃないんですけどね。

J-REITは、安定的な分配金目的で保有しています。

保有銘柄のTOBは、NTTドコモ以来です

前回の記事はこれ。

kabu-motty.hatenablog.com

上場廃止になるまで持っていたら、また郵便局で換金するのかな。

ただ今回は、1株保有していまして、これが単元株なので、売っておけば郵便局へ行く面倒はなくせます。

まあ、郵便局でお金を受け取るのもいい経験になったので、もう一回行こうかな。

ちょっとまだ先の話ですが、しばらく様子を見ようと思います。

ビットコイン300万円台に、イーサリアムも20万円台に下落。

暗号通貨についても、定期的に記録しておこうと思います。

株価とともに暗号通貨も急落しています。久々にチャートを見てみました。

BTC/JPYのチャート

このキャプチャ時点で380万円/1BTC

ETH/JPYのチャート

このキャプチャ時点で26万円/1ETH

暗号通貨の時価総額ランキング

定点観測の場として良さそうなので、時価総額ランキングを貼っときます。

現在自分でTop20通貨の中で保有しているのは、BTC(ランク1位)、ETH(ランク2位)、DOT(ランク11位)ですね。

上記は前回とランクは変動なし。他のコインは色々変わってますね、ちょっとめんどくさいので細かくは見ません。

こんな感じでたまーにウォッチして、ランクが上がってきた通貨を拾ってみようという試みです。

最新の状況はこちらでご確認ください。

jp.investing.com

雑感

今月は、暗号通貨も急落しています。

復活はありうるのだろうかと、心配になるチャートに見えます。

復活にかけて、積み立てを再開してもいいかもなと思います。

ただ、まずは株式に資金を振り向けたいので、今すぐは無理だな。

毎日積立にはCoincheckを使っています

宣伝です。始めてみたい方はこちらからCoincheckの口座開設してみてください。

コインチェック

最低1万円でやっていたBTC,ETHの毎月積み立てを停止しています。

理由は、投資用の資金を米株インデックスに回す額を増やすため。月2万円でも、コア資産であるインデックスETF(VOO,QQQ,VYM)の株数を増やす方に回していこうと考えたからです。

以下の記事で見たとおり、暗号通貨の破壊力は凄まじいのですが、いま持っているものをガチホしていれば、少なくとも持たざるリスクは回避できていると思います。また、暗号通貨の暴落が起きたら、積み立て再開するかもしれません。

kabu-motty.hatenablog.com

S&P500 (SPX) Watch:Week 2022/05/08

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

4,023.89, -2.41%でした。

ちなみにアメリカ10年債利回り

2.928 , -6.84%でした。

ヒートマップ

1week

セクター動向

買ってみたい&保有しているセクターなどの最近1年間の週足を眺めてみます。

グラフはInvesting.comで簡単に作れます。

感じたこと・思ったこと

6週連続の下げ、もうそろそろ上がるかな。

「FACT FULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」、ハンス・ロスリング

この言葉、大事ですね。

「悪い」と「良くなっている」が両立することを忘れないようにしよう。

資本主義の全体的・長期的な成長の中で、一時的に調整が働く事がある。そういう歴史が繰り返されてきていますよね。

ヒートマップから

VDC(Consumer Difensive/Consumer Staples Sector)が緑系。PGとCOSTは私も少し保有しています、茶色いけど。

テクノロジーのFTNTという会社が緑に光っていて気になりました。

フォーティネットというらしい。以下、Investing.comのFTNTプロフィールより。

フォーティネット(Fortinet Inc)は、サイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する。【事業内容】企業、通信サービスプロバイダー、政府機関、中小企業など、さまざまな組織にサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する。ネットワーク・セキュリティ・アプライアンスは、ネットワーク・オペレーティング・システムFortiOSで管理される。また、クラウド・セキュリティ・ポートフォリオには、電子メールやウェブなどのアプリケーションのセキュリティも含まれる。クラウドセキュリティ製品は、Amazon Web ServicesMicrosoft Azure、Google Cloud、Oracle Cloud、Alibaba Cloud、IBM Cloud、VMWare Cloudなどのパブリッククラウドおよびプライベートクラウド環境に導入することができる。また、Amazon Web Servicesが提供するネイティブセキュリティ製品のオーバーレイサービスとして、FortiGuard Labsが提供するマネージド侵入防止システム(IPS)とWebアプリケーションファイアウォール(WAF)のルールを提供する。仮想アプライアンスやホステッドソリューションを含むパブリックおよびプライベートクラウドのセキュリティソリューションは、フォーティネットのセキュリティファブリックプラットフォームの機能をカバーする。

決算も良さそうなので、買ってみたいかもしれない。

セクター動向を見て

VDCと債券系(BND,LQD)あたりが下げ止まっている感じで、後はだだ下がりでしたね。

引用元

jp.investing.com

finviz.com

持株会の活用について

こんにちは、株もっちーです。

給与天引きで持株会を活用されている方もいらっしゃると思います。

私も新入社員時代から持株会を使っていますので、その活用方法を記録しておきたいと思います。

私が考える持株会のメリット

奨励金がもらえる

これが一番ですね。

例えば、拠出額に対して10%の奨励金が会社から出る場合、株価が一定だとすれば、いきなり10%利益が出たのと同じような状況です。

しかも買付価格で売れれば、実際には利益は出ていないですから、利益に対する課税もありません。

資金の無駄なく買える

1株単位ではなく、拠出額をみんなで集めて買うという形になるので、 自己の所有分が0.01株とか端数になります。

まあ、投資信託だったら1円単位で買えるので、そこまでメリットでもないかもしれません。

私が考える持株会のデメリット

奨励金の分だけ課税対象の所得が増える

奨励金は、通勤補助費などのように非課税ではなくて、課税対象になります。

なので、所得税率の変わる境界あたりでは、奨励金がないほうが良いという状況も考えられます。

売却するのに時間がかかる

正確には、売却するために持株会から証券会社に株式を引き出すのに時間がかかる、です。

1ヶ月以上は見ておかないといけません。

決算報告書や株主優待など、個人株主に提供されるものがない

これはどうでも良いかもしれませんが、せっかく株式投資をしているのに、決算報告書とか送られてこないんですよね。

あくまでも株主は、持株会という組織になっているからです。

自分が勤める会社の業績を知る機会を失うことになって、いまいちだと思います。

決算報告書の郵送費分だけ配当を増額してくれると、持株会で保有しても良いかもしれません。

下落時の個別株投資リスクとボーナス減のダブルパンチの可能性あり

株価下落時は、会社の業績が下がっている場合が多いですから、ボーナスが下がり、株価下落で評価損も増えるという状況が想定されます。

まさに踏んだり蹴ったりです。

私はリーマンショックでこれを経験しました。

株価は、1/3くらいになったと思います。

単元株を売却して、数十万単位の損が出た記憶があります。

今思えばリーマンショック前より株価も上がっていますので、何もせずに持ち続けておけばよかったんですけどね。後のまつりです。

私の持株会の活用方法

目的は、株式投資の種銭とすること

持株会自体も株式投資なのですが、インカム狙いでも、キャピタル狙いでもありません。

私の場合は、種銭の奨励金分を増やす狙いです。

単元株になったら、すぐに証券会社に引き出す

持株会から、証券会社に引き出すだけですが、この手続が時間がかかります。

私の場合、1ヶ月近くかかりますので、株価が上がってきたから売ろうとか、下がってきたから売ろうとか、売るタイミングを図るには、持株会は都合が悪いです。

持株会から普通の証券会社に株式を引き出すことで、個人所有になるので、決算報告書が送られてこない問題は解決します。

証券会社に引き出したら、速やかに売却する

ダブルパンチのリスクを回避するために、もうちょっと上がるかなとか、損が出ているから塩漬けしようかなとか、そういう感情を廃して機械的に売っています。

そして、それを種銭に、インデックス投資に振り向けるというのが最近は良いと思っています。

米国株投資をする前は、日本の小型株(JASDAQとかマザーズ)を買っては損していました。あんまり儲かった記憶はないです。

さきほど、決算報告書が送られてこない問題は解決しますと書いたのですが、売ってしまうとまた再発します。

ということで、株主である状態を維持するために、単元未満株として少しだけ保有しています。

優待は特に無いので、単元未満株で十分です。

拠出額はMAXにする

これは会社ごとに規定があると思いますが、私は上限ギリギリまで拠出しています。

できるだけ多くの奨励金を得ることと、なるべく早く引き出せるようにするためです。

といっても、今の拠出額だと100株貯まるのに半年〜1年未満くらいのレンジの期間が必要です。

月に5000円とか、1万円とかだと、単元株分購入するのに何年もかかってしまい、引き出したり売却したりできなくて、ダブルパンチリスクに晒される期間が長くなってしまうと考えているためです。

そんなときに、米国株とか世界株のインデックスが上昇しているなんて状態になったら、トリプルパンチですね。

まあ、単元未満株しか持っていない状態なら、リスクも限定的といえばそうですけど、99株で後1ヶ月待たないと単元株にならない、とかだと数十万になりますので、ちょっと嫌ですね。

日本株も1株単位で買えるようになると、毎月現金化することでこのリスク期間を小さくできて、いいんですけどね。

後は、株式分割してくれてもいいな。

まとめ

だいたいこんな感じで、種銭を奨励金分だけ増量するマシーンとして利用している、ということになります。

結果的に、持ち株を持っていれば、かなりの利益が得られたのでしょうが、よりリスクの小さくてかつリターンの大きい米国株インデックス投資にたどり着けたのでまあ良しとします。

参考になれば幸いです。

S&P500 (SPX) Watch:Week 2022/05/01

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

4,123.34、-0.21%でした。

ちなみにアメリカ10年債利回り

3.134、+2.69%でした。3%超えてきました。

ヒートマップ

1week

セクター動向

買ってみたい&保有しているセクターなどの最近1年間の週足を眺めてみます。

グラフはInvesting.comで簡単に作れます。

感じたこと・思ったこと

5週連続の下げ、もうそろそろ上がるかな。

「FACT FULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」、ハンス・ロスリング

この言葉、大事ですね。

「悪い」と「良くなっている」が両立することを忘れないようにしよう。

資本主義の全体的・長期的な成長の中で、一時的に調整が働く事がある。そういう歴史が繰り返されてきていますよね。

ヒートマップから

AMZNなどネット販売系がボロボロな印象。

SHOPも-25%の損益担ってしまって耐えられず整理しました。その後の5/5の決算で更に売り込まれています。

すごいチャートです。黒い線が比較のVOO。

エネルギー系は緑。素直にエネルギーに投資しておくのが良かったですね。今となれば。

セクター動向を見て

エネルギー以外、下向きが多い。

TREIT(J-REITの指数)と、VHF(金融セクター)が踏ん張っている感じです。

VWOがずーっと一番下にあって、整理したいと思っていたけど、昨日は早く寝てしまいました。

引用元

jp.investing.com

finviz.com