S&P500 (SPX) Watch:Week 2021/11/21

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

f:id:kabu_motty:20211127070008p:plain

-2.20%でした。

ヒートマップ

1week

f:id:kabu_motty:20211127070019p:plain

大きく下げた11/26の1dayはこんな感じです。

f:id:kabu_motty:20211127070028p:plain

メモ

南アフリカでワクチンが効かない新種のコロナウィルスが出てきたというニュースにより、 ひどい下げでしたが、1週間で見るとまだ大したことなく感じます。来週どこまで下げるかな。

引用元

jp.investing.com

finviz.com

運転免許を更新してきました。もちろん有休をとって。

運転免許を更新してきました。

ゴールド免許だったので、実に5年ぶりです。

このブログの最初に書いた以下のエントリーに、免許更新の話を書いたなと思って読み返しました。

kabu-motty.hatenablog.com

経済的自由を明確に目指し始めたきっかけの出来事として、 前回の運転免許の更新について書いていました。

今回は、会社に人生を捧げすぎていた反省を踏まえて、 しっかりと一日有休という自由時間をとって、 余裕を持って行ってきました。

それにしても、3時間位かかって、そのうち2時間位待っていたような感覚で、 待ち時間が多すぎる気がしました。

警察署で待っているので、どこかにふらっと暇つぶしに出かけるわけにも行かないので、 気持ち的にも拘束されている感が強くなります。

常になにかやっていないと落ち着かない状態になってしまっているのかもしれません。

まあ、小さなことですが、前回の反省をリベンジできたということで、良しとしましょう。

次は、暇な時間で空想に耽ける余裕が持って、待ち時間を楽しめる境地に達したいと思います。

人生何がきっかけになるかわからないですからね。

最大の含み損銘柄。2021年11月。ついにRDSbを整理。

こんにちは、株もっちーです。

私の保有株の中で、今月の最大含み損銘柄を紹介したいと思います。

含み損額ランク ワースト3

先月 損額ランク

f:id:kabu_motty:20211016071553p:plain

今月 損額ランク

f:id:kabu_motty:20211120061553p:plain

RDSbをようやく整理できました。 DOCSも決算ミスにより整理、こちらは未練なくできました。

GDXは価格上昇して、ランク外へ。

新たにランクに入ったのが、 アクリート, CCL, ARです。

クルーズは来年の業績が期待できるので、来年一杯はホールドしたいと思います。

なんかランク常連になりそうな予感がしますけどね。

ARはアパラチア山脈あたりで天然ガスを掘っている会社だったかな。 暖冬という話で下がってきている様子。整理対象。

たしかに今年の冬は寒さがきつくない感じがします。まだ手袋なくても手がかじかんでしょうがないってほどまで凍えてません。

損額ワースト1位は、アクリート(4395.T)

f:id:kabu_motty:20211120062612p:plain

  • 保有株数:100株
  • 平均買付価格:1984JPY
  • 11/19時点の価格:1581JPY
  • 平均買付価格からの損益: -40300JPY, -20.31%
クリート(4395.T)を買った経緯

久々の日本銘柄。

国内のSMS配信の会社です。

最近2段階認証とかで、SMSの使用頻度が上がってきたので、普及も加速していそうだし、 2Qの決算良くて買ってみたのですが、11月の3Q好決算を受けて、さらに下落。謎。

よくわからないので、買ってはいけない銘柄だったかも。日本株はやっぱ苦手意識が強い。

仕事中とかはスマホを手の届かない部屋とかにおいているのですが、 SMSの認証コード確認のために、いちいちスマホ取りに行かないといけなかったりして、 あんまり好きじゃないんですけどね。

だいぶ印象悪くなってきてしまいました。

まだウェイトも低いのでとりあえず次の決算まではホールドしようかな、どうしようか。

クリートの最近1年のチャート

f:id:kabu_motty:20211120065141p:plain

含み損率ランク ワースト3

先月 損率ランク

f:id:kabu_motty:20211016071918p:plain

今月 損率ランク

f:id:kabu_motty:20211120061643p:plain

  • 保有株数:100株
  • 平均買付価格:1984JPY
  • 11/19時点の価格:1581JPY
  • 平均買付価格からの損益:-40300JPY, -20.31%

MQ,GDXは価格上昇して、ランク外へ。

新たにランクに入ったのが、 アクリート, CCL, ARです。

損率ワースト1位は、アクリート(4395.T)

f:id:kabu_motty:20211120062612p:plain

損額ランクと同じなので、説明は省略します。

ポートフォリオ整理

毎回同じ銘柄を紹介していてもしょうがないので、 ポートフォリオをより良いものに再構成していこうと思います。

基本動作は以下としています。

  • 決算ミスした銘柄を整理(売却)し、キャッシュに戻す。
  • ETF(VOO,QQQ,VYMあたり)買い増す。積み立て対象なので、売らない。
  • モメンタムが良くなってきた新規銘柄を買う。
  • 決算パスした保有銘柄を買い増す。

今月の動きメモ。

  • RDSb:50→0株。石油株の上昇も一服し、決算もミスしてたので、整理完了。
  • PRU:25→0株。決算ミスしたので整理(した翌日11/3売上高の見直しが入ったのか株価が上がりました。Investing.comの決算速報で誤判断したかもしれない、反省)。まあでも、高配当は個別株ではなく高配当ETFで実現したほうが良い気がしています。
  • ROKU:3→0株。決算ミスによる整理。
  • SQ:2→0株。決算ミスによる整理。
  • DOCS:25→0株。決算ミスによる整理。

こちらのお言葉を心に留めて、ゴミ掃除をしていきます。

f:id:kabu_motty:20211015195729p:plain

【米国株 10/15】マーケットはまだ下をみてます。 - YouTube

この出来ごとから学んだこと

やはりじっちゃまが言う通り、 「クラスで成績の悪い子が一発逆転することを狙うより、成績の良い子を応援し見守る」ほうが、 成績は上がっていくんだろうなと言うことですね。

少し実感というか、手応えを感じ始めています。

レイ・ダリオの著書にこんな記述がありました。

ミスをするのはかまわないが、そこから学ばないのは許されないというカルチャーを作ろう
(レイ・ダリオ、PRINCIPLES 人生と仕事の原則、日本経済新聞出版社)

引き続き、学びを続けていきながら、経済的自由に向けた資産形成をしていきたいと思います。

S&P500 (SPX) Watch:Week 2021/11/14

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

f:id:kabu_motty:20211120061037p:plain

0.31%でした。

ヒートマップ

f:id:kabu_motty:20211120061051p:plain

メモ

Financialセクターが赤め。

FBがFaceBookからMetaUniverseに社名変更したからか、下げが止まった感じですね。メタバース流行るかな。

引用元

jp.investing.com

finviz.com

なんかまた期待はずれ。給付金に対するマス層のつぶやき。

給付金は子供の教育資金に向けた投資に回そうかなと思っていたのですが、こんなニュースがありました。

news.yahoo.co.jp

米国株の決算に気を取られて、日本のことを忘れていました。

テレビも見ないので、給付金の話も、今さらですかね。

TV漬けの高齢者よりも情弱かもしれない。これは反省。

給付金、もらうつもり満々でいたのです。

うちはもらえない

しかし、私もこの所得制限とやらにぎりぎり引っかかるラインにいますので、完全に失望に変わりました。

チーンって感じです。

子供3人いて、最小単位での人口増加に貢献していると言うのに。

児童手当も減らされてるし、高校の授業料無償化もないみたいですし、 さっさと経済的自由を達成して労働者階級を抜け出して、 所得制限に該当しない子育て世代として、 手当を満額受けるほうがいいのかもしれない。

子育て世代を助けるという問題の解決に向けた政策になっていないと、思いますね。

子どもを生んだり、子どもたちのために収入増やして頑張っていこうという意欲が削がれます。

そういうことが、制度設計する人たちには、わかんないんですかね。

もしくは、頭いい人たちが制度設計してるはずなんで、 奴隷・社畜をその階級から抜け出しにくく縛り付ける目的で、 素晴らしい塩梅で設計しているのかもしれない。

給与でも2000万円あれば平均的な支出でも数年で順富裕層とか富裕層に到達できて、 給付金なんぞ誤差レベルと思えるかもしれませんが、 なかなか日本の企業で給与収入2000万円台にはいけないですからね。

海外に行くか、起業して成功するか、副業で安定収入を確保するか、そんなとこですかね。

これは、 富裕層からの分配をすると言う名目で、 経済的自由を目指す労働者階級の上位層からの分配を通じて、 経済的自由の階級への移行を阻もうとしていると勘ぐってしまいます。

11/23追記

ホリエモンの動画で取り上げられた「分厚い中間層」の構築の一種かもと思ったのでメモ。

まさにディストピアです。なんとか抜け出したい。

youtu.be

松田公太さんも非常にまともな人物のように思えまて面白い対談ですので、ぜひご覧いただきたい。

給与収入で制限するの止めてもらいたい

給与収入1000万の労働者階級って、富裕層じゃないですからね。

富裕層は働かずというと言い過ぎかもしれないけど、給与でない資産から1000万どころじゃない収入を得ている人たちのことを言うのですよ。

イーロン・マスクが問題提起した、10億ドル(1000億円)の資産を持つビリオネアと言われるようなそういう人たちですよ。

www.nikkei.com

日本だったら野村総研のあのピラミッドで5億円ですか。

kabu-motty.hatenablog.com

この給付金の話で、1ヶ月は経済的自由への道のりが遠のきました。

給与収入のない子持ちの富裕層は給付金もらうんでしょうね。

アッパーマス層を目指すマス層の私をいじめているようで、腹立たしいです。

この気持は、経済的自由を目指すエネルギーに変えて、節約と収入アップの両輪を回していきます。

そして、支出は給付金分更に減らして、投資を継続します。

ブログでの副業収入もできるといいな。

まだゼロだけど、グーグルアドセンスから少し収入見込がでてきています。

振り込まれる金額には全く満たないので、実現はまだ遠いです。

ブログネタが見つかりました。よかった、アドセンスの話は、また書きます。

若い人を投票に行かせるには

少し話がずれますけど、こういう方針が与党にいいようにやられるのは、投票の影響もあるのかなと言う気がします。

皆さんこの前の選挙で、ちゃんと野党に投票してないんでしょうね。

紙で書いて後から開票するなんて言うのは、投票結果すら信じられないですね。

人件費も、紙も、投票箱も、投票済証を印刷する謎の機械、会場のスペースも無駄です。

インターネット投票の実現と、ブロックチェーンの技術使って不正・改ざん防止する仕組みをさっさと作りなさいよと思います。

そうすれば、若い人は1分で投票終わって、高齢者や時代遅れの人がもたもたして投票できなくて、世論逆転なんてこともあるかもしれない。

まあ富裕層の高齢者は、そんなことも誰かにやらせているのかもしれないけども。

なんだか失望感の強い週末でした。

首相官邸へ意見してみました

選挙ではだめなようなので、直接意見を出してみました。まずは行動。

www.kantei.go.jp

S&P500 (SPX) Watch:Week 2021/11/7

S&P500 (SPX) の週次Watchです。

S&P500

f:id:kabu_motty:20211113062539p:plain

-0.31%でした。

ヒートマップ

f:id:kabu_motty:20211113062627p:plain

メモ

富裕層への含み益課税議論に関して、イーロン・マスクのTSLA株10%(約2兆ドル分)売る?発言で下落。買い場になるか?

引用元

jp.investing.com

finviz.com

読者が30名を超えました!感謝

こんにちは、株もっちーです。

こんなブログを見て頂き読者登録までしていただきまして、ありがとうございます。

読者が30名に達しました!

20名突破時にお礼記事を書くのをすっかり忘れていました、すみません。

新たな読者の皆様に告白をしておきますと、

「株もっちー」なんて、クソダサい名前にしたことを、少し後悔しています。

アカウント名、何にしようかなーと考えること1分、 経済的自由に向けては株式投資が主軸になるだろうと、 はてなブログのアカウントを作成している間に考えた末のことです。

改名するとしたら、昔見た動画にインスパイアされた和製レイ・ダリオですかね。

kabu-motty.hatenablog.com

もしくは、影響をどっぷり受けている、じっちゃまこと広瀬隆雄氏にあやかって、タカオ・モチチとかもいいかな。

餅好きってわけじゃないんですけどね。

2021冬の決意表明

「名は体を表す」と言われますので、 お金を生み出す株を持つことを意識して私の経済的自由の探求の過程をお伝えする、 ちょっとは読む価値のあるブログにすべく、進歩してまいる所存です。

読者の皆様、これから読者登録いただける皆様、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

読者10名に到達した時の記事

kabu-motty.hatenablog.com